除毛クリームは想像以上に危険がいっぱい!

肌まで溶かす除毛剤の恐怖

除毛クリームで手軽に処理してる女子も多いわよね。

 

ざざ〜っと一気に大量の無駄毛が処理できるし、何よりその楽チンさが魅力。

 

最近は「肌にやさしい」ってのを売りにした除毛クリームやムースも出てきているけど、そこまでの大差はないわ。

 

でも、除毛クリームってお肌ごと、肌表面のムダ毛を溶かしてるって知ってるかしら?

 

除毛剤でお肌が溶けるってどういう事?
そもそも除毛クリームってのは、ムダ毛を溶かして処理するものよね。

 

で、ムダ毛とお肌は同じ「たんぱく質」なの。

 

それなのにムダ毛のたんぱく質だけ、キレイに溶かす(処理する)なんて事はまず不可能。

 

って事は?
簡単よね。ムダ毛と一緒に肌のたんぱく質まで溶かして処理してるって訳。

 

 

普通に考えて、お肌に良い訳ないわよね。

 

使い続けるほど、気付かないうちにお肌は猛烈なダメージを受けて、かぶれ・肌荒れ・湿疹・シミ・炎症みたいなトラブルが、ある日突然ドーっと一気に出てくるの。

 

そうなると皮膚科に行かなきゃいけないから面倒よね。

 

ニキビ跡みたいに、赤みがかった跡が残ることもあるのよ。

 

 

肌が弱い人に除毛クリームは危険!
肌が強くない人は、特に注意が必要。一発で肌トラブルが出るってのも珍しくないから・・・。

 

除毛クリームは、塗ってからある程度の時間、放置しないといけないわよね。

 

その間、じわじわと肌も溶けている間に、ヒリヒリ痛みが出てきて炎症が起きちゃった・・・ってケース、私の知り合いでもいるわよ?

 

 

そもそも、除毛なんて肌表面のムダ毛にしか効果がないのよ。

 

だからスグにまた生えてくる→除毛クリームで処理→スグまた生えてくる→・・・
こんな風に使い続けていたら、肌はどんどん危険ゾーンに突入していくわよ。

 

除毛クリームってのは、緊急時の一時的な処理ってことは覚えておきなさい。


除毛クリームによる「薬品やけど」に注意!

除毛剤のアルカリ性は、酸性よりも強力に肌を溶かす性質アリ。
含まれている成分による「やけど」で跡が残ってしまう場合も。
酸性よりアルカリ性のやけどの方が重症化しやすいから要注意。