光脱毛のデメリットはどんな事?

はい、じゃあ3時間目の「光脱毛のデメリット」についての授業を始めるわよ〜。

 

生徒のひよこ

 

…って、エ!?( ̄▽ ̄;)

 

アンタ、ひよこなのに首が伸びるの!?

 

意外な特技を持ってるものね…。

 

はい…、じゃあ授業始めましょうか…

 

 

光脱毛は、高い脱毛効果と5つのメリットによって高い人気を集めているわね。これはさっきの授業でもやったから当然覚えてるわよね?

 

でも、メリットしかない脱毛方法というのは現実問題として存在しないわ。

 

何だってそうでしょ?
良い事ばっかり言われると、逆に怪しさが増すわよね。

 

光脱毛にも当然の事ながら、いくつかのデメリットはあるのよ。

 

じゃあ、どんなデメリットが光脱毛にあるのか、見ていこうかしらね☆

 

光脱毛の2つのデメリットとは?

脱毛効果を得るのに時間がかかる
これは個人差によるところも大きいけど、光脱毛の効果を十分に感じるには、4〜10回程度の施術を受ける必要があるの。

 

これは、光脱毛のメリットの裏返しとも言えるわね。

 

「痛みが少ない」「肌トラブルが少ない」という事を光脱毛のメリットの授業で紹介したわね。ちゃんと覚えてる?

 

でもその背景には、「脱毛機の出力(パワー)の弱さ」という事が関係しているの。

 

永久脱毛の主流であるレーザー脱毛は、高出力だから多少の痛みがあるけど、その分、脱毛効果はかなりのもので、高い支持を受けているわね。

 

つまり、脱毛に使用する機械の出力が、「痛みと脱毛効果」を左右するってこと。

 

高出力:痛みを感じるけど、脱毛効果は高くなる。
低出力:痛みは減るけど、脱毛効果は低くなる。

 

光脱毛の大半は、サロンにおいて施術されているわ。

 

高出力の脱毛は、医療行為になってしまうから、サロンで行う事ができないの。

 

だから、サロンで行われる光脱毛は、出力が低く設定してあるって訳。

 

それが光脱毛の安全性に繋がっている事は事実なの。

 

でもその代償として十分な脱毛効果を感じる為には、
レーザー脱毛よりも少し施術回数が多くなるって事なのね。

 

光脱毛の肌トラブル
安全性の高い光脱毛とは言え、稀に脱毛による肌トラブルを起こす人もいるようね。

 

熱によってムダ毛の再生組織を破壊するから、軽い火傷を負う人もいるみたい。

 

どの脱毛方法にも言える事だけど、肌トラブルが絶対に起きない脱毛方法は無いのよ。これは頭の片隅にでも置いておいてね☆

 

 

 

次の時間はお昼休みだけど、私の貴重なランチの時間を削って「光脱毛で起こりえるトラブル」についての授業をしてあげるわ☆

 

あなた達は特別に、ランチでもしながら聞いてくれていいわよ〜

 学園の生徒に人気の授業トップ5 (集計日時

第1位 実際の光脱毛の口コミ評判(妹の実体験)

第2位 私と妹が通ってお勧めだったサロンはココ

第3位 脱毛効果はどんな感じですか?

第4位 失敗しないサロン選びの3つのポイント

第5位 【動画で解説】おススメできる家庭用脱毛器